2012年06月21日

マダムシンコが成功した秘訣

スイーツ「マダムブリュレ」が大ブレイクしたカウカウフードシステム会長・マダム信子。

どうやってお金を貯めたのか。

一代で年商23億円企業の経営者となった信子さんは、毎年大晦日、除夜の鐘を聞いたあと、12月のカレンダーの裏に1年の目標を一気に書き出してトイレの壁に貼る。

「毎朝、便座に座るたびに目線の位置にある目標を読むんです。そうすると気持ちが奮い立ってやる気が出ます。私はこの方法で次々と目標をクリアし、1年前には5億円の家を建てました」



シンコのフォーク

毎日見ることで意識を高められるという。

子供時代に家庭が貧しく、お金のありがたみが分かっている。

「お金がないのは首がないのと同じ。生きていけへんからね。お金は1円も1万円も価値は同じです。1円足りなければ電車もバスも乗れません。だから1円たりとも無駄にしてはダメ。私は店のスタッフにも袋1枚に至るまでの値段を教え、粗末にしないように徹底して指導しています」

料理をするときはブロッコリーの芯まで使うなど食材を無駄にしないらしい。

ものを買うときには値切るのも当たり前。

財布に500円玉があったら別にして30万円貯めたこともあるという。

「小さなことでもコツコツ続けることが大事やね」

お金は笑顔の人のところに集まってくるということ。

「辛気くさい顔している人のところは居心地悪いんちゃいますか(笑い)」



ポストセブン


マダムシンコの生活を見ると、シェフに来てもらって料理を作ってもらう、洋服ショップの人に来てもらって衝動買いのようなまとめ買い、夜景が見える風呂はほとんど使わないなど、それほどムダ遣いしない、ムダにはしないという感じの人ではなかったのですが。

マダムシンコの豪邸の本とか、愛用しているアイテム、行きつけの店などマダムシンコの本が出たら売れそうですね。

少し興味があります。



【関連する記事】
posted by ああん at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 金持ちの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。